私達の彫刻カット

私達の彫刻カット

私たちは30年以上も前からドライカットにこだわって【再現性の高いデザイン】を創り続けてきました

再現性の高いデザインとは何のことでしょう?

それはお家で簡単にお手入れできるデザインのことです。

その為には【秘訣】があります。

それは東洋人特有の骨格を理解してキレイなシルエットを作ることです。

下の図をご覧ください

左の絵は私達東洋人の頭の形です。

真ん中の図は西洋人の頭の形です。

西洋人の方が後頭部が出ていて奥行きがあります。

今度は正面を向いた図です。どちらがキレイな形か一目瞭然ですよね。

私たちはキレイなシルエットを作るのに【骨格が張っている】というハンディキャップがあるのです。

そこを全て解決するのが

僕たちの【彫刻カット】です。

実際にモデルさんでどういうことか見てもらいます。

今回は↑↑↑このようなスタイルを作っていきます

ロングからバッサリとショートに切っていきます

大幅に切る場合はベースカットといってまず、大まかにそのスタイルに近づけていきます

髪の毛が落ちています

大まかに切り終えました

カットに様々な工夫がしてあり、この時点ですでに骨格を補正しながら形を作っています

乾かした後の状態です

ある程度スタイルとして収まっていますがまだ骨格の張り出しによってスタイルが頭を大きく見せている事と

毛先の質感が硬い状態になっています

東洋人の骨格には特徴があります

①耳上から頭頂部にかけて大きく骨が張っている

②耳後ろの骨が突起している

③こめかみの骨が突起している

特に3点が大きな特徴です

横から見た状態です。

先ほどの図を当てはめます。

3点の張っている箇所を補正していく事でキレイなシルエットが作ることができます。

耳上から頭頂部にかけての骨の張り出しによる膨らみをカットしていきます。

髪の毛が立ちやすいので、毛流れを見ながらハサミを入れていきます

こめかみの髪の毛をカットします

耳上の張り出しをカットします

ここは根元からハサミを入れています

左の写真が骨格補正前、右の写真が骨格補正後です

補正することで頭が小さく見えるようになりました

前髪が生えグセによって分かれやすくなっています

分かれやすくなっている前髪は部分的に髪の量が多くなります。

状態を見ながら毛流れを逆らうようにハサミを入れて分かれグセを修正します

なんとか修正かけた状態です

完璧に直すまではいかなくてもかなり自然な状態になったと思います

全体の毛先に質感を作って柔らかい感じに仕上げていきます

カットが終了しました

ブローも何もしてません

全てカットの質感による動きです

このように【再現性の高いスタイル】を作っていきます

スタイリング後です☆

このカットの特徴は

【お顔が小さく見える】

【くせ毛で広がりやすい方が収まる】

【ペタンコになりやすい方が髪が動いてふくらみやすくなる】

【生えグセのお悩みが解消される】

【傷みやすい髪の毛がキレイになる】

様々な悩みに対応できます

ぜひ一度サムソン&デリラでご体験ください

S+D kaguyama

国道165号線沿いにあり、352坪の敷地を贅沢に使い、駐車場を12台完備。ゆとりある駐車スペースと広々とした店内で快適に過ごして頂けます。気取りすぎない、個性派揃いのスタッフがお客様をおもてなし致します。

>>ENTER< <

S+D ému

幅広い年齢層のお客様がおられる中で、「お客様のキレイの為に」私たちはチームワークで接客します。ライフスタイルに合わせた提案、年代にあった悩みに対応します

>>ENTER< <