イケハタタカシのカールアイロンの使い方


こんばんは。

 

アシスタントの池端です。

 

今日はね。

 

カールアイロン。

 

別名コテ。

 

の、使い方。

 
 
 

当たり前かもしれないし、みなさんとはちょっと違うかもしれません。

 

 

 

さあ、参りますよ。

 

 

 

まずはしっかりと下準備。

 
 

まず!濡れた髪はNGでございます。

濡れた髪に温めたカールアイロンを当てると水蒸気爆発と呼ばれる現象が起きます。

 

つまり髪内部の水分を奪うということ。

これはダメージになります。

しっかりと乾かしましょう。

 
 

そして巻く前にヘアアイロン用スプレー、又はヘアアイロン用ローションをつけます。

 

ヘアアイロン用ローションをつける場合は、またしっかり乾かしましょう。

 

スプレーならそのまま巻きます。

 

ちなみにお店では、クフラリッジカールスプレーというヘアアイロン用スプレーを髪全体に振ることが多いです。

 

形がくっきりと残ります。

 

ものによっては髪を守ってくれるものもたくさんあります。

 

そしてたまーに、巻く前にオイルをつける方もいますが、

 

巻く前のオイルはNGです。

 

巻く前に付けても問題ないオイルもありますが、ほとんどのオイルの場合ダメージになります。

 

なので、

 

やめましょう。笑

 

もし付けるなら巻いた後につけるか、巻く前につけてもOKなものをつけてください☆

 
 

あとは、仕上がりをキレイにするために髪を綺麗に梳かして…

 
 

 

 

ブロッキング。

 

僕は基本的に頭を6つのブロックに分けます。

 
 

バックはこんな感じで上と下の2つに分けて、

 


 

 

サイドも、

 


 
 

こんな感じ。

 

左右、上と下に分けます。

 

で、左右足して4つとバックの2つ。

 
 

6つに分けたやつをそれぞれ巻いて、

 

前髪もサッと巻いたら、

 
 

こんな感じ。

 

ボブの人をグリグリに巻いてます。

 


 

ロングでも

 
 

こんな感じ。

 


 

写真は表面もちょこっと巻いてますが。笑

 

こんな感じですかね。

 

 

 

もし表面を巻くなら、頭のてっぺん辺りの毛をとってあげるのがオススメ。

 

ちょこっと摘んで、摘んだ束の中間部分を巻いてやると動きがでて、エアリーにできますよ☆

 

 

 

あと、温度は僕の場合180℃でサッと巻いてます。

 

180℃まで上がらないコテの場合は160℃とかで10秒以下に留めて巻きます。

  

高温で時間をかけて巻くとダメージにつながります。

高温の場合はサッと巻く。

低温の場合でも時間をかけ過ぎない。 

 
 

 
 

 

一発でキレイに巻くのは難しいと思うので、みなさんもちょこっと練習してみてください( ´ ▽ ` )ノ

 

僕もまだまだ練習しますね。

 
 
 

 

 

以上。

 

 

 イケハタタカシでした。

池端隆
僕は人が好きです。
僕はプラス思考です。
みなさん!大好きです!(笑)
楽しい空間を共にすごしましょう!!